中小企業診断士の全容を解説しています。


このページでは中小企業診断士の資格を徹底解剖し、「難易度」、「どのくらい稼げるのか」「将来性」について説明していきます。

<中小企業診断士の難易度について>
中小企業診断士試験は合格率が相当に厳しい試験に分類されるでしょう。ただし、試験の合格率のデータを見ただけだと、極端に難易度が高いという印象は受けないかもしれません。中小企業診断士試験は1次と2次に分けられています。1次は25%前後、2次は20%前後という合格率のためですが、両方に受からないといけませんから、意外に難関です。
それに勉強する範囲も広く深いという困難さを伴います。また、ペーパーテストだけではなく口述試験があり、上手に試験管の目の前で答えられるようにしないといけません。多面的に見ても難易度は高いというしかなさそうです。

<中小企業診断士は稼げるのか>
中小企業診断士には企業に入って働く勤務型と、事務所等を開いて働く開業型という区分があります。
前者の場合は、就職先の社員として扱われるため、一般の会社員に近い収入になります。資格手当てを出す会社はあるでしょうし、それなりの高収入や安定感を一度に味わえる可能性ならありますが。
後者の場合は、顧客をうまくつかまえて実績を上げていくことが大切でしょう。ただし、契約の仕方によっては(「顧問契約」等)低収入に結びつけることも夢ではなく、安定度と高収入の両立を狙うことも無理ではないのです。

<中小企業診断士の将来性>
中小企業診断士を起用しない会社はまだたくさんありますが、日本の経済界・産業界における中小企業の割合はすさまじいものがあります。それは今後もほとんど変わりません。中小企業診断士が入り込む余地はかなりたっぷりと残されており、(すべては自分しだいですが)将来性は豊かでしょう。


このページでは診療報酬請求事務能力認定試験の資格を徹底解剖し、「難易度」、「どのくらい稼げるのか」「将来性」について説明していきます。

<診療報酬請求事務能力認定試験の難易度について>
「診療報酬請求事務能力認定試験」の合格率は平均すると35%前後だと考えられています。受験者の過半数が不合格になっていることになりますが、資格試験全体の中で見るなら、それほどの難易度ではないでしょう。医療事務の中にはもっと難易度が低く簡単な種類がけっこうありますが、この試験に寄せられる期待度等をはかりにかけると、これくらいの難易度でちょうどよいと考えることができます。

<診療報酬請求事務能力認定試験は稼げるのか>
大金を稼ぐための資格ではありません。しかし、資格を持っているだけでそれに対する手当てが出る可能性がありますし、何よりも転職や再就職をしたいときの有利さという、ある意味でもっとありがたいメリットがあります。この資格を狙うのは女性が圧倒的に多いわけですが、女性にとっては場所や年齢がハンデになりにくくなるというメリットがあるわけです。

<診療報酬請求事務能力認定試験の将来性>
高齢化が進む日本社会において、医療の需要は全国各地で高いまま。医師や看護師の不足がよく叫ばれていますが、医療に関係する職業はいずれも全体的に尊ばれる傾向があります。「診療報酬請求事務能力認定試験」は、医療事務という仕事の中でも特に評価が高く、高齢化社会が終わるまで当分の間、ステイタスは高いままでしょう。


このページでは税理士の資格を徹底解剖し、「難易度」、「どのくらい稼げるのか」「将来性」について説明していきます。

<税理士の難易度について>
税理士試験は合格率が常に低い資格のひとつです。税務・財務といったジャンルの中ではまさに最高級の難易度でしょう。試験を実施すると、合格率が決まって12~17%くらいの数値になることが恒例です。

それだけではありません、税理士試験は科目合格制度をとっています。全部で5科目あるのですが、その5科目すべてに合格しないといけません。すべてを一度に合格しないといけないわけではない点は救いになりますが、それは裏を返せば、資格を手に入れるまでに何年もかかってしまうということを意味します。その1点だけでも難易度の高さがしのばれますね。

<税理士は稼げるのか>
税理士は、稼げるといえば稼げる職業です。税理士には企業に入って働く勤務型と、事務所等を開いて働く開業型という区分がありますが、どちらの場合も平均年収は高いとよくうわさされてきました。勤務型なら通常のサラリーマンやOLと同じですが、特別な資格と技能を持っていることから、平均年収は他の社員等と比べてどこへいっても高いといわれます。100万円以上高いことも珍しくないほどです。そして開業型を選ぶなら、失敗の危険性はあるものの、成功すると1000万円以上を当然のように受け取れるチャンスが発生します。

<税理士の将来性>
税理士の仕事についても懸念する意見は出ています。たとえば、デジタル技術の進歩によって税務を代行できるようになるという見方ですね。しかし税理士は重要な国家資格ですし、独占業務もあります。つまり国家が保護する傾向にあるわけです。もともと日本の企業の税務制度は税理士の仕事を必要とするようにつくられており、税理士が将来生き残る確率はかなりあるといわざるを得ません。


このページでは旅行業務取扱管理者の資格を徹底解剖し、「難易度」、「どのくらい稼げるのか」「将来性」について説明していきます。

<旅行業務取扱管理者の難易度について>
「国内旅行業務取扱管理者試験」と、「総合旅行業務取扱管理者試験」があります(後者は、海外旅行も対象になるという違いがあります)。 前者の試験の合格率は30~40パーセント台、後者の試験のそれは22~28パーセント台です。もちろん取得をおすすめできるのは後者ですね。

試験はマークシート方式であり、60パーセントを超える正解を出せば合格できます(他の合格者の出来栄えに左右されません)。難易度は、ひたすら楽勝ということはありませんが、1回の受験で、数ヶ月程度の集中的な受験勉強で、じゅうぶんに突破できる難易度といえます。

<旅行業務取扱管理者は稼げるのか>
基本的に、一獲千金を夢見るための資格ではありません。旅行会社に就職して、いわゆるツアコンのような仕事をするためにある資格です。
派手ではありませんが、就職する際に有力なPR点にできるというメリットがあり、入社後も仕事をすすめる上でおおいに有益な資格です。旅行ビジネス全般で必要な知識をまとめて勉強しますから、昇進が早くなる可能性もあるでしょう。
スケールの大きな収入を目指したいなら、将来的に独立・開業をすることを検討するとよいかもしれません。

<旅行業務取扱管理者の将来性>
少し前まで、日本全体が不況でした。旅行業界も当然、かなりのダメージを受けていましたが、少しずつこれから回復していくチャンスがあります。旅行会社では、旅行業務取扱管理者の保有者を一定数配置させる必要もあり、この資格の将来性は(あくまでも派手ではないですが)安定しているとみなしてもかまわないでしょう。


このページでは管理業務主任者の資格を徹底解剖し、「難易度」、「どのくらい稼げるのか」「将来性」について説明していきます。

<管理業務主任者の難易度について>
管理業務主任者の難易度は、安定した数字(合格率)に収まっています。20~23パーセントの間に入る数字になることがほとんどです。

合格最低点は35点前後になることが通例でした。平成24年は37点と若干高めになったものの、平成25年には32点に落ち込みました。この部分からも、若干難易度が下がり気味だという見方もとれますね。

もちろん、「今後は油断できる」なんてことは言いきれません。できれば38点かそれ以上を狙うつもりで試験勉強に打ち込む必要があります。近年の試験の傾向をよく研究することもとても大切ですね。

<管理業務主任者は稼げるのか>
管理業務主任者は、宅建と同じく就職して活動するためにある資格です。仕事の内容はマンション管理士とほぼ同じですが、独立する可能性はほとんどありません。
スケールの大きな収入を手にするのは難しいですが、安定感のある資格です。実績を積めば、もちろん社内での評価は受けられますし、昇進していけばもちろん年収はどんどん上がっていくでしょう。

<管理業務主任者の将来性>
マンション管理士と同じ傾向があります。近年は少しずつ人気が失せてきた資格ですが、マンションを管理する仕事の需要がなくなったわけではありません(むしろ、その需要は解決のめどがたっているわけでもないでしょう)。そのギャップに、管理業務主任者の将来性が潜んでいるのです。


このページではマンション管理士の資格を徹底解剖し、「難易度」、「どのくらい稼げるのか」「将来性」について説明していきます。

<マンション管理士の難易度について>
マンション管理士の近年の難易度は、安定しています。この10年を振り返ると、ほとんどの都市で7パーセント、ないし8パーセント台です。 マンション管理士の試験では、合格点が毎年判明しています。この点数も比較的落ち着いており、どの年も必ず30点台です。とはいえ宅建等と比べると少し点にばらつきがあります。35点以下で合格できる年もありましたが、できれば38点、余裕を持つなら40点は獲得しておきたいところでしょう。

いずれにしても、決して楽な難易度ではありません。過去問をよく研究するなどして、着実に全範囲を攻略していく必要があります。

<マンション管理士は稼げるのか>
マンション管理士は、将来的な伸びが以前から予測されてきた資格の一種です。マンションの管理人が足りていないところは、全国に本当にたくさんあるためです。それにマンション管理士は、独立して契約を結べる資格でもあり、サラリーマンやOLの生活よりも高い稼ぎを得られるチャンスがあることは事実です。

とはいえ、資格をただとるだけではなく経験や交渉力を積まないといけません。資格を得たら、独立できる状況に1日も早く近づこうと、熱心に実務に励む必要がありそうです。

<マンション管理士の将来性>
マンション管理士は、スタートしてからの歴史はまだ浅い資格です。しかし受験者は年々減少の一途をたどっています。合格者についても、登録を済ませていない人が相当数いる可能性があります。 といって、この資格に将来性がないというわけでもありません。最近は不景気続きでしたし、すぐにまとまった収入を得られそうな仕事のほうに目を向ける人が多かったため、マンション管理士の評価も伸び悩んでいた可能性がけっこうあります。実力を磨くことで、世の中に数少ない貴重な資格を持つ人材として、評価してもらえる立場にきっとなれるでしょう。


日商簿記2級資格の全容

このページでは日商簿記2級資格の全容の全容を徹底解剖し、「難易度」、「どのくらい稼げるのか」「将来性」について説明していきます。

<日商簿記2級の難易度について>
日商簿記2級は、商業簿記と工業簿記の2科目の試験となり、合格率は約20~40%くらいです。 今回紹介した行政書士や社労士、宅建に比べればやさしく、しっかりと勉強さえすれば 高い確率で合格することができます。

しかし簿記2級には普段なじみの少ない工業簿記が科目に入ってきます。工場や生産現場で 経理を担当している人ならイメージは湧きやすいですが、そうでなければとっつきにくい 科目です。「操業度差異」や「勘定連絡図」などの難しい専門用語や全体の流れの把握、計算方法など はじめて簿記を勉強する人は苦手意識を感じてしまいます。

簿記2級の挑戦する方は出来るだけわかりやすく尚且つ細かな説明をしているテキストを用意することが絶対条件です。少しでも理解できない項目があれば全てわからなくなる可能性が あるのでテキスト選びは慎重になって下さい。

<簿記は稼げるのか>
簿記の資格で直接的に稼ぐということは期待できません。あえて言うなら多少の資格手当てをもらえる可能性があるということです。但し簿記の知識は企業にとって必要不可欠なものになりますので、キャリアアップにつながることは間違いありません。

例えば営業マンにしても会社の経理状況がわかって仕事をするのとしないとでは、評価に差が出てしまいますし、独立する人では簿記の知識がなければ成功することは難しくなります。 簿記は直接稼げる資格というより稼ぐためには必要な補完的な資格といえると思います。

<簿記の将来性>
簿記の需要は今後急激に増すことは考えられませんが、業種に問わず今も昔もそしてこれからも絶対的に必要な不変の資格であるということは言えます。

簿記の一番の強みは就職強いことです。特に2級を持っていれば仕事に必要な知識があると みなされ、面接官にアピールすることができます。 特に就職を控えている学生や事務のお仕事をやってみたいという方は是非挑戦してほしい資格ですね!


ファイナンシャルプランナー2級技能士資格の全容

このページではファイナンシャルプランナー2級技能士資格(略:FP2級)の全容を徹底解剖し、「難易度」、「どのくらい稼げるのか」「将来性」について説明していきます。

<FP2級の難易度について>
FP2級は6科目から構成され、学科と実技の2つの試験があります。合格率は、 学科が約40%前後、実技が約50%前後で毎回推移しています。 又FP2級の試験は、学科と実技どちらか一つの試験に合格した場合、一部合格とみなし、 次の試験では免除される得点も付いています。 よって比較的受験しやすい資格であるといえます。

但し注意しなければならないのが、試験範囲の広さです。試験科目は6科目あり、 その中で勉強しなくてはいけない項目は学科で69もあります。 もちろん全ての項目が試験に出題されるわけではありません。 過去の試験傾向を分析して、ある程度学習範囲を絞って勉強していくことが大切です。 又法改正の問題も頻繁に出題されるので、その辺も注意しておくと良いでしょう!

<FPは稼げるのか>
FPは主に保険や銀行、証券会社などの金融機関に多く、企業に属して仕事をしている 人達が多いようです。よって年収も一般的な業界の平均額となります。 しかし現在はテレビや雑誌に取り上げられ少しずつ知名度が上がり、開業して1千万円以上 稼いでいる人もいると聞きます。まだまだ新しく資格で成功者はメディアに露出しているごく一部の人ですが、これからぞくぞくと高額な年収をたたき出す人達が増えてくるのではないでしょうか。

<FPの将来性>
FPは最も将来性のある資格の一つです。その証拠に現在専門的な立場から生活設計に関してのコメントをテレビなどで求められるようになりました。 特に今は不況の煽りを受け、住宅ローンが払えない人の相談や将来の年金に対しての不安があり 資産運用の相談も後を絶ちません。

FPは平成15年に国家資格になったばかりのまだ新しい資格です。今後需要が高くなる可能性は大いにあります。仕事で活用するのはもちろんのこと、資産運用に興味のある方は、 是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか!きっと将来の役に立つはずです。

⇒FP2級受講生の91.86%が合格する講座!
今だけ無料の資料請求でテキストや講義DVD&CDが無料でもらえます。


ファイナンシャルプランナー2級技能士資格の全容

このページでは通関士の資格を徹底解剖し、「難易度」、「どのくらい稼げるのか」「将来性」について説明していきます。

<通関士の難易度について>
通関士の合格率はその年によって大きく変わります。平成29年は21.3%でしたが、平成24年は8.6%でした。
そして、今後も1桁台か15%前後の合格率が続くと予測されます。
その理由としては合格者を減らす方向にあると感じるからです。

では通関士の難易度はどうなのかというと、
基本的には難易度の高い試験ですが、
同じ合格率が一桁台の社会保険労務士や行政書士に比べれば、
合格しやすいと思います。

というのも通関士を受験する方は、実際の通関業務に携わっている人が多く、
その業界は仕事が忙しいことで有名です。
そのため、しっかりとした試験対策が出来ないので、
受験者のレベルがそれほど高くないのです。
その証拠に学生やまったく関係のない業界の方の合格者が多くなります。
ですから、合格率ほど難易度は感じないのです。

しかし、決して簡単な試験ではなく、通信や通学を受講して、
プロの講師から学習法を学ばなければ合格するのが難しくなります。
独学だと通信・通学の何倍もの勉強時間が必要になり、
挫折する可能性が高くなります。

合格率ほどの難易度ではないといっても、
やはり合格率が1桁台の試験に合格するのは 大変です。

<通関士は稼げるのか>
通関士は独立開業型の試験ではなく、
通関業者(流通・メーカー・貿易など)に就職して仕事をするので、
一般の会社員の年収とさほど変わらないと思います。

ただ、通関士になるということは、ある程度現場での経験をつまなくてはいかず、
実際に通関士と名乗り仕事をしている頃には、
それなりに会社から認められているということですので、
その会社での年収は高くなっているはずです。

また、金額はまちまちですが、
資格手当てを支給する会社もあるので、
年収に多少の影響もあります。

<通関士の将来性>
現在のようにグローバル社会だと、
会社の大小問わず、頻繁に海外取引がなされます。
そうなると必然的に通関士の役割が多くなり、資格取得者が優遇されます。
実際に通関士の資格を持って入れれば、様々な業界での就職に強い傾向にあります。
その証拠にある年の通関士合格者の約5割以上が通関士以外の仕事をしているという
データもあるくらいです。
独立開業型の資格ではないので、爆発的に稼ぐ事はできませんが、
安定した仕事のできる資格です。


宅地建物取引主任者の全容

このページでは宅地建物取引士(略:宅建)資格を徹底解剖し、「難易度」、「どのくらい稼げるのか」「将来性」について説明していきます。

<宅建の難易度について>
意外と宅建を簡単だとあまくみる人もいますが、それはとんでもない話で実際は難しい試験だと 認識してください。普段仕事で、法律を理解している人でも不合格になることがあるので、 しっかりと勉強しなければまず合格することはできないでしょう! これから宅建に挑戦して見ようと思っている方は基礎問題をしっかり勉強するように 心がけて下さい。

これは宅建に限ったことではありませんが、国家試験は基礎問題をどれだけ解けるかが 合格の鍵を握ります。受験者の中には欲張って全ての問題を完璧に解こうとして 時間のかかる難問ばかりに手をつけ、基礎問題をおろそかにする人もいます。 それでは合格できません。基礎問題を中心に勉強するそれがポイントです。

<宅建は稼げるのか>
稼ぐための宅建のメリットは資格手当てがもらえることです。金額は企業によって マチマチですが、5万円もらえるところもあるそうです。又宅建をもっていれば 仕事の幅が広がり昇進にも影響してきますので、不動産関係のお仕事をしていて、 年収アップを目指したいなら必須の資格となります。 ですが、行政書士や社労士のように少ない資金で独立することはできませんから、 高額な年収をすぐに稼ぎ出すことまず考えられません。 どちらかといえば企業で実績を積み少しずつ年収を上げていくことが現実的です。

<宅建の将来性>
一時期経済不況の影響で不動産業界が大打撃を受け将来性に疑問を持ちましたが、 今は少しずつ盛り返してきました。 宅建の一番の強みは就職・転職に強いことです。不動産売買時には必ず宅建の有資格者が 物件の重要項目の説明をしなければいけないルールが法律で定められていて、又 営業所に5人に1人の割合で配置しなければいけない決まりもあります。 それだけ重要にもかかわらずまだまだ現場では足りていなくて、どの企業も喉から手が出るほど ほしい資格となります。中には宅建の有資格者というだけで採用してくれる企業もあると聞きました。

今はこれだけの不況ですのでいつ今働いている会社が倒産するかわかりませんし、もしかしたら リストラにあうことも考えられます。 そんな時に宅建の資格を持っていれば食いつないでいくことも出来ますので、一番堅実な資格だといえるかもしれません。今の職に不安があれば将来に備えて宅建を取得しとくのも 一つのリスクヘッジになるはずです。


社会保険労務士

とても難易度の高い試験で最低でも1,000時間くらい勉強しなければならない試験です。 もちろん勉強時間は個人差や勉強方法によって変わりますが、1・2年は猛勉強する 覚悟をもちチャレンジしてください。
社会保険労務士の詳しい詳細はコチラ

行政書士

社会保険労務士に匹敵するほどの難易度の高い試験です。勉強時間の目安として600時間以上は必要です。ですがあくまでも最低だと考え、初学者はもっともっと勉強する姿勢で望んでください。
行政書士の詳しい詳細はコチラ

宅建

合格率が1桁台から10%台の難易度の試験です。但し社会保険労務士や行政書士に比べれば、合格しやすく 基礎的な勉強を繰り返し、300時間以上勉強をして下さい。
宅地建物取引主任者の詳しい詳細はコチラ
通関士の詳しい詳細はコチラ

ファイナンシャルプランナー

合格率が約30%台です。今回紹介した中では優しい試験ですが簡単に合格することは できません。200時間くらいは勉強する気持ちで望んでください。
ファイナンシャルプランナー2級の詳しい詳細はコチラ
日商簿記2級の詳しい詳細はコチラ

※ここで現した勉強時間はあくまでも目安です。それ以上必要な人もいれば、それ以下の 人もいます。難易度をわかりやくする説明するための指標と思ってください。 大切なのは時間ではなくどのように勉強するかです。

オススメ通信講座

フォーサイト
DVD講義はどんなことを中心に勉強していけばよいか具体的な説明をしてくれたので、 効率よく勉強できました。(27歳/男性)
DVDで見る講義の画面がとても奇麗で凄い迫力でした。(29歳/女性)

詳しい口コミ情報はコチラ


ユーキャン
テキストは初めて法律を勉強するのに非常に良いと思います。但し、質問への回答が 3週間近くかかったことは残念でした。 (32歳/男性)
低価格で学べてCMでの印象が強くユーキャンで行政書士の勉強をしました。 はじめは、勉強して中々良いと思っていましたが、 (29歳/女性)

詳しい口コミ情報はこちら

TAC
TACのテキストの厚さには驚きます。はじめはこんなもんなのかなぁ~と思っていて 後々別の通信講座を (31歳/男性)
すみません!まだ勉強していないのですが、宅建の講座に申し込みました。 金額が高く貯金を (28歳/女性)

詳しい口コミ情報はこちら

口コミランキング

フォーサイト
出題範囲を絞った学習、ハイビジョン撮影した講義メディア、フルカラーのテキスト、低価格が人気の秘密!

ユーキャン
CMで知名度を上げ、低価格と豊富な講座数が魅力。今では知らぬ人がいないくらいの人気通信講座となった!

TAC
資格学校として有名な学校!上級者から初心者まで受講生のニーズに合わせた講座を用意!

資格一覧

学校別口コミ・評判

学校の特徴

その他のコンテンツ