通学講座の現状を解説しています。


通学講座の現状その1

資格の勉強といえば、ひと昔前は学校でするのが定番でした。難易度の高い資格となると、志望者は先生のいるところに出向いて、指導を受ける以外の方法はなかなか選びにくかった、そんな時代もあったわけです。

ある意味でこのような通学による資格の勉強は「アナログな勉強スタイル」と呼べるのではないでしょうか? しかし現代は、社会全体がデジタル化していますね? 

デジタル時代のシンボルともいえる勉強法が、通信講座。特にその中でも「講義メディア(「メディア教材」の名で親しまれています)はひたすらシンボリックですね。

メディア教材とは、他のページでも書いたことがありますが一般的には「コンテンツ」を伝達して指導を行うツールのこと。CDやDVDがその典型ですし、インターネットを通した教育サービスも軒並みメディア教材にカテゴライズできます。

つまり映像や音声を志望者の手元に届けることで、志望者が講義を自宅等で受けられるようにするわけです。そのコンテンツの質が格段に進歩したため、通学講座の強みは一気にもろくなったといえるでしょう。

※↑今のこの説明には、当然反論があることでしょう。いくら講義映像の質がよくなったとはいえ、教室で通学講座に出席して聴講するのとはわけが違うと。その点は、当然否定するわけにいきません。生で講義を見聞きできる点には、他の方法では再現できない要素がありますから。

 しかし、資格の講座をやっている教室に行ける人と行けない人の違いがそもそもあるはずです。行けるとしても、交通費や往復の通学時間がかかる以上、楽かどうかは何とも言えません。このようなハンデも、通信講座のメディア教材は帳消しにしてくれるのです。


社会保険労務士

とても難易度の高い試験で最低でも1,000時間くらい勉強しなければならない試験です。 もちろん勉強時間は個人差や勉強方法によって変わりますが、1・2年は猛勉強する 覚悟をもちチャレンジしてください。
社会保険労務士の詳しい詳細はコチラ

行政書士

社会保険労務士に匹敵するほどの難易度の高い試験です。勉強時間の目安として600時間以上は必要です。ですがあくまでも最低だと考え、初学者はもっともっと勉強する姿勢で望んでください。
行政書士の詳しい詳細はコチラ

宅建

合格率が1桁台から10%台の難易度の試験です。但し社会保険労務士や行政書士に比べれば、合格しやすく 基礎的な勉強を繰り返し、300時間以上勉強をして下さい。
宅地建物取引主任者の詳しい詳細はコチラ
通関士の詳しい詳細はコチラ

ファイナンシャルプランナー

合格率が約30%台です。今回紹介した中では優しい試験ですが簡単に合格することは できません。200時間くらいは勉強する気持ちで望んでください。
ファイナンシャルプランナー2級の詳しい詳細はコチラ
日商簿記2級の詳しい詳細はコチラ

※ここで現した勉強時間はあくまでも目安です。それ以上必要な人もいれば、それ以下の 人もいます。難易度をわかりやくする説明するための指標と思ってください。 大切なのは時間ではなくどのように勉強するかです。

オススメ通信講座

フォーサイト
DVD講義はどんなことを中心に勉強していけばよいか具体的な説明をしてくれたので、 効率よく勉強できました。(27歳/男性)
DVDで見る講義の画面がとても奇麗で凄い迫力でした。(29歳/女性)

詳しい口コミ情報はコチラ


ユーキャン
テキストは初めて法律を勉強するのに非常に良いと思います。但し、質問への回答が 3週間近くかかったことは残念でした。 (32歳/男性)
低価格で学べてCMでの印象が強くユーキャンで行政書士の勉強をしました。 はじめは、勉強して中々良いと思っていましたが、 (29歳/女性)

詳しい口コミ情報はこちら

TAC
TACのテキストの厚さには驚きます。はじめはこんなもんなのかなぁ~と思っていて 後々別の通信講座を (31歳/男性)
すみません!まだ勉強していないのですが、宅建の講座に申し込みました。 金額が高く貯金を (28歳/女性)

詳しい口コミ情報はこちら

口コミランキング

フォーサイト
出題範囲を絞った学習、ハイビジョン撮影した講義メディア、フルカラーのテキスト、低価格が人気の秘密!

ユーキャン
CMで知名度を上げ、低価格と豊富な講座数が魅力。今では知らぬ人がいないくらいの人気通信講座となった!

TAC
資格学校として有名な学校!上級者から初心者まで受講生のニーズに合わせた講座を用意!

資格一覧

学校別口コミ・評判

学校の特徴

その他のコンテンツ